FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうちょっと

2018.10.09.Tue.19:52
POEは知識や経験を身につけてからブログに日記を書いていこう。
今はまだ画像撮ってツイッターに上げる程度の中身しかないし出来ない。

次回の東京飯はたぶん正月辺り。
関連記事
スポンサーサイト

秋葉原

2018.08.25.Sat.23:08
・マウス
長年愛用していたMX518、早々の故障をしたRival300がお亡くなりになり、
代用していた安いゲーミングマウスもホイール接触不良&ポインタ飛びの壊れかけ。

FPSで困るのは勿論の事、ハマっているPoEの為にもボタン多めのマウスが欲しい。
展示してある各所を見て回り、実際に触れて候補に挙がったのは下記の5品。

・G903
・G502
・G600t
・Razer Naga Trinity
・Razer Naga Epic Chroma

G903は左右対称でなければ選択していたかもしれない。
Razer NagaとG600tはさすがにボタンが多すぎてね・・・。
最後まで残ったのがRazer Naga TrinityとG502だったと。

Razer Naga Trinityの2/7/12ボタン付け替えは魅力的だけど、
そもそもRazerが好きではないしそのせいか今一つ踏み出せない。

G502は持った時のフィーリングが良かったのと、
左クリック横の2ボタン、サイドの2ボタンを指先と腹で押し分けられ、
この動作をクイックネスで行える事が決め手となり購入。

単純に興味のあったエルゴノミクスデザインマウスは展示が無かった。
エアホッケーのアレを握る感覚なんじゃないかと想像してる。

・秋葉に住む臨時増刊 秋葉原界隈のラーメン店紹介
再入荷された報を聞いて「とらのあな」「メロンブックス」「COMIC ZIN」へ。
幸いな事に最初に訪れた「COMIC ZIN」にて二冊発見。
嬉しさのあまり見本をレジに持っていってしまう。
たべログで事足りるといえばそうだけど、雑誌媒体で閲覧する楽しさはまた別物。

eスポグッズ
プロゲーミングチームが身近になっていくのは本当に素晴らしい。
グッズ売り場の隣ではR6のプロ対戦会?が行われていて観戦者も20人ほど。

その映像が到る所にあるモニターに映し出されていて凄い。
いっそ階下のモニター全てに飛ばしてしまえばいいのに。

IMG_1184.jpg

・秋葉de御飯
おススメしていただいた「九州じゃんがら」と「粋な一生」を目指す。
粋な一生の並びが予想外の多さで土曜の混雑ぶりを再認識。
次は平日に訪れたい。

九州じゃんがら初。
IMG_1174.jpg
全部乗せ+チャーシュー追加トッピング。
意外とあっさりした口当たりでスルスルと入っていく。
明太子の旨味がラーメンの美味しさを引き出し御飯も進む。

家系わいず初。
IMG_1175.jpg
ラーメン+チャーシュートッピング。
塩気の強さは若干気になるけど旨いのは間違いない。
今度来た時はつけ麺を是非食べてみたい。

ジャンカレー初。
IMG_1176.jpg
シーフード+からあげ。
硬めというか硬質米?とカレーの相性がバッチリ。
大盛りにせずとも通常量が多いという有り難さ。

・客引き通り
中央も裏もどこもかしこも客引き。
混雑時はちょっと勘弁してもらいたい。
関連記事

東京グルメ紀行

2018.07.01.Sun.01:22
有給込みの四連休を利用して東京へ。
目的地は築地場外市場、そして秋葉原。
目的は飯を食いにいくその一点。
流れとしては名古屋→築地市場→秋葉原といった感じです。

・夜行バス
夜行バスに乗るのは2年振りかな。
普段なら新幹線を選択するけど時間もある事だしゆっくり行きたいと考えて夜行バス。
二年前の夜行バスで辛い思いをした事を・・・乗るまで思い出せない阿呆。

名古屋駅発の夜行バスに乗り、さあゆっくり睡眠を取って東京に備えよう。
その為に3列独立席にしたのだから・・・そんな気持ちで目を閉じた。

閉じた目を開けるどころか覚醒状態にされるほど隣のおっさんのイビキがうるさい。
我慢して目を閉じるんだけど環境音全てが気になりだす始末。
発端のイビキに悪気があるわけでもなし、指摘すること自体が喧嘩売ってるじゃない。

結局、一睡も出来ないまま東京駅へ。
6時間半も俺は一体何してた。疲労溜めただけじゃない。
乗るんじゃなかった夜行バスと悔いる気持ちを嘲笑う往路予約はまた最後のお話・・・

・築地場外市場
ビルが立ち並ぶ東京だからこそ雑多感のある市場が映える。
視界に映る全てが新鮮な海産物。ヨダレでちゃうじゃない。

IMG_1150.jpgIMG_1151.jpg

観光客(多くは外国人)で賑わう路地を、自分も一緒になって見て回る。
生ネタを見ればOOが食べたい、何か見る度に連想させられる食の理想郷。

さあ食べるとしたら当然寿司だが朝から寿司屋というのも・・・
ここはおとなしく海鮮丼にしておこう!! ババーン!!
大トロ、中トロ、赤味の海鮮丼。(2400円)
IMG_1157.jpg

刺身醤油を垂らし、まずは赤身を一口・・・
赤身でありながらトロけるような食感、生臭さを感じさせない凝縮された旨味、
刺身醤油とのハーモニーが織り成す食の奇跡はまさに。
今日の俺はミスター味っ子だ!!(古い

さらなる満足感を追い求め、次に寄ったのはこちらのお店。
TVで見た玉子焼きが美味しそうで是非とも食べてみたかった。
IMG_1153.jpgIMG_1154.jpg

・・・いや、旨過ぎんだろコレ。
甘味のある玉子焼きを一口入れた瞬間に広がる玉子感。(???
あの人もこの人も皆々が美味しそうに食べている。
人を笑顔にするバフ効果を持つ玉子焼き。

写真撮ってないけどテリー伊藤の実家「丸武」の玉子焼きも食べました。
甲乙付けがたい美味しさは、食べる当人が美味しいと感じればALLOKなのだと、
比べるものではないと、思わせてくれます。

この後はブラブラと練り歩きこんなのも発見。そりゃあってもおかしかない。
Sさんへの土産候補になったモノ。グラム売りどころか一樽いっとく?
って多すぎるのでさすがに止めた。
IMG_1156.jpg

この後、秋葉原へ。メトロ築地駅へ向かう途中にある築地本願寺。
IMG_1159.jpg

・秋葉原
駅を降りて一目散に駆け向かうは龍の眼。(昼の部)
しかし並びを見て踵を返し突撃したるはすた丼。
看板のからあげ鬼盛りを見て即時決断。迷いが無い。
IMG_1162.jpg

腹ごしらえをした後は、もう一つの目的でもあるSさんへの土産探し。
イースを始めとしたファルコムのファンでもあるSさんの為に、
イースシリーズの設定資料?を探して買い付けるのである。

「どこで販売されているのか分からないが秋葉原の何処かにあるっしょ」
「ツイッターのTLで見かけた事が発端なんだからあるっしょ!!」
KING OF THE TEKITOUのうろ覚えさ。

キャラグッズ、ゲームコーナー辺りにあるんじゃないかと探すも・・・
あった!! イースのロゴ(っぽい!)と思ってよく見たらFate/なんちゃらでさ。
目に付くところは回ったと思うんだけど目的の本は見当たらない。

もしかすると難儀なんじゃね?と薄々気付き始めた時、もう一つ気付く。
公式扱いではなく同人扱いなのではと。流出ものっぽい記憶あるし。
という事でまんだらけへ。

実は同人誌を見るのはたぶん初めて。
薄い本と呼ばれたり同人活動自体は知っているつもり。(げんしけん学習)

コーナーへ入った瞬間、圧倒されたね。そして絶望したね。
背表紙のない膨大な薄い本の中から目的本を探し出す行為は、
25mプールにバラバラの時計を入れて水流で勝手に完成する確率という、
馬鹿げた例え話がまかり通っちゃうくらい難しいと自分の中では思えた。

いやいやいや。
あ行か行...、キャラ名、サークル名など実に簡単そうではありませんか。
慣れてる知ってる詳しい人ならそうだが・・・

テキトーに手に取った同人誌が「孤独のグルメ」で草。
すげぇ興味をそそる本だ。土産にしたいくらい考えた。

まぁ困惑と何かに目覚めそうな感覚を持ちつつ探したけど無い。
まんだらけのフロアを女性向け以外はほぼ全て探したハズ。

具体的ではないけど店員さんにも聞いたさ。
「何かイースの本ってありませんか」ってね。
差し出されたのはイース7攻略本だったさ。それ買ったさ・・・(土産)

結局、他も探したけど分からなかった。
何故俺はこんなにも・・・ピキピキ。
自分の中で理不尽な怒りがSさんに向けられて草。

仕方ないと気持ちを切り替え龍の眼へ(夜の部
IMG_1163.jpg

開店30分前に到着してこの並び。
座席数を考えると第一陣では入れないがそれでも並ぶ。
なんせ皆々の期待度が高い新店。食べないまま帰れないでしょう。

角煮そば+チャーシューと味付玉子をトッピング。
IMG_1164.jpgIMG_1165.jpg

見た目からして優雅な佇まい。
よくある名店の匂いというか、共通するデザインというべきか。

麺は細めだけどコシがありツルっと入る。スープも旨い。
高いレベルでバランスの取れたラーメンみたいな。

チャーシューは歯応えがあり、噛み締めるほど旨味が出てくる。
角煮はトロっと柔らかな食感でチャーシューとは対照的。
どちらも単品で御飯食べたくなる旨さ。

ご馳走様でしたと店を出てみれば、行列はさらに伸びて50人前後。
美味しかったという満足顔を恥ずかしげも無く行列に晒しながら秋葉原の夜へ。
IMG_1167.jpgIMG_1168.jpgIMG_1166.jpg

実はこの間にふとゲーセンへ寄る。
ローストビーフ大野辺りにあるとこ。セガ系列ではないと思う。
セガGTみたいなレースゲーを遊んだが、時折の処理落ちで萎える。
テーブル筐体のゲームも30FPSを下回ってるようなガクガクさ。

設定を弄れず改善できないもどかしさ。
ゲーセンは完璧でなければ。

〆です。〆。
お前食ってばかりやないか!!甘んじて受けよう。その通りだ。
翌日ほとんど食べずに済んだ。
IMG_1169.jpg
IMG_1170.jpg

・夜行バス(往路
帰りは夜行バスでも寝付けず。
足回りの整備が気になるくらい跳ねる。
繋ぎ目の凸凹で跳ねるにしても跳ねすぎでビビり入るくらいw

もう絶対に夜行バスは乗らない。
あの環境で寝る事が自分にとって絶対無理なのだと悟った。
前々日の仕事も合わせると3徹状態で名古屋着だかんね。
寝られる人が羨ましいよ。

さて次の東京グルメは8月か9月末を予定。
食べる為のダイエット期間が必要なの。
関連記事

Path of Exileその10

2018.06.25.Mon.02:51
Act8クリア、そしてAct9へ。

中ボスに大苦戦。ボスは楽勝という不思議なActでした。

20180624020340_1.jpg20180624180246_1.jpg

Act8をクリアした時点で平均レベルをやや上回っていたが、
装備や能力が充実しておらず見直しとファーム(レベリング作業)が必要。
Act9はファームに適したロケーションがあり、レベルを上げつつ装備や物資を狙う。

装備はノーマル、マジック、レア問わず、ソケット数が多いものを最優先。
次いでソケットのリンク、ソケットの色、性能を見て取捨選択。
これだと思う装備が手に入ったら材料でレア化させてソケットやmod(性能)を弄る。

ひとまず自分では納得のいく装備に整えられた。
スキルジェムの装備数、各属性耐性なども引き上げられた。
ただしカオス耐性だけはどうにもなりませんでしたね・・・

20180625020418_1.jpg

スキルジェムの装備数増加のおかげで、
雑魚の殲滅力、ボスクラスへの対抗力も大幅にアップ。

メインスキルのArcにライフリーチを付けて攻撃と回復を同時に行い、
エリア攻撃の落雷も付けて殲滅力を高めたりと抜かりなし。

強力なライトニングトラップは単体、雑魚どちらにも超有効。
混乱トラップ?も導入。敵同士を戦わせることで咄嗟の回避にも。

補助としてゴーレムとトーテムを使役させヘイト分散。
常時マナリジェネでマナが尽きる事もない。
一部のビルドを参考にした事で方向性は悪くないと思う。

後はパッシブスキル次第で成長となるか詰みとなるかが決まりそう。
パッシブは物理を捨てて魔法ダメ、雷、体力、マナを優先的に取得。
複数の恩恵が得られるところを狙っていきたいが・・・

20180625024825_1.jpg


関連記事

Path of Exileその9

2018.06.22.Fri.20:38
Act7をクリア。
Act7のボスは今まで一番苦戦(デスマラソン)したかもしれない。
20180622024005_1.jpg

当ればほぼ必殺の雷属性攻撃を如何に避けつつ攻撃するのか。
長期戦になりそうな状況をデスマ覚悟の短期決戦で挑むことに。
性分的にまどろっこしいのは好かない。

Armour+3000_&_AllResistance+35の薬(約5秒持続)をキメて、
ありったけの火力を至近距離からブチ込んでは死んでいくスタイル。
君を倒せるのなら喜んで経験値ペナを受け入れよう。それが覚悟だ。

実は同様の覚悟をもってしてもクリア出来ないクエストがAct7にあった。
20180622013958_1.jpg

時限内にダンジョン最奥から脱出をせねばならないのだが、
無限に沸く炎を纏った頭蓋骨に包囲され成す術もなく撃沈。
敵を蹴散らす事に絶対的な信頼を置くArcスキルでさえもジリ貧。

止まるんじゃねぇぞ・・・
どこかで聞いた台詞を行動で示したいところだが無ー理ー。
あまりの弾幕ゲーに怒首領蜂というシューティング思い出した。

失敗したものはしょうがない。とにかくAct7はクリア出来たんだから良しとする。
20180622024322_1.jpg
関連記事

Path of Exileその8

2018.06.20.Wed.03:11
Act6を開始。

MAPこそ二周目に見えるがAct1のボスを倒して(退けて?)数年後の世界だとか。
観光気分の気持ちが吹き飛ぶほど敵の殺意は高く、油断してなくとも死ねる。

20180620023035_1.jpg

おまけにボス戦も多くデスマになりがち。配信で見せられないレベルw
レアのドロップ率を高めて早急に装備の充実を図りたい。

20180620030915_1.jpg

ボス達を倒して新しい力?を手に入れられる何かが追加されたようだ。
20180620004804_1.jpg

関連記事

Path of Exileその7

2018.06.17.Sun.01:52
Act5中盤~ボス直前をツイッチにて公開中(VC無

delaukeの初心者Path of Exileをwww.twitch.tvから視聴する

中ボスへ挑む前にレベル上げ。
ゴーレム、トラップのスキルジェムで攻撃の機会を増やし、
スキルジェムのリンクを見直して攻撃力の強化を図ってみた。

これにより大量のマナを常時使用する事になったが、
マナリジェネのおかげでマナを切らさず試みは成功。

ただ、スキルジェムのレベルが上がるほど消費マナも増えていく。
リジェネがあるとはいえ使えるマナはさらに少なくなるため、
効果の薄そうなスキルジェムを外して確保したりしなかったり。

中ボス戦は終盤まで順調。一度死亡してから集中が乱れてデスマ開始。
立ち回りの悪さが招いた乱れを修正していかないと今後も繰り返しそう。

20180615230701_1.jpg

ステージを進め後はAct5大ボスのみ。
戦って敵を知り倒せるならそのまま、対策が必要なら戻ろう。

20180617011640_1.jpgおじいちゃん近影


関連記事

Path of Exileその6

2018.06.13.Wed.21:20
Act4終盤からAct5到達までVC有りにてツイッチ公開中。

delaukeの初心者Path of Exileをwww.twitch.tvから視聴する

前回の敗戦を受けてレベル上げしながら対策を練る。
敵の攻撃に耐え観察する時間が増えるほどパターンを発見出来る。
それでもダメな時は初心者ガイドを参考にするが最後の手段だ。

・良質な武器防具を揃える
・パッシブスキルは体力orエナジーシールド優先
・属性防御の向上 (主にアクセサリーから

以上の三点を念頭に様々な組み合わせ試みて完成。
レベルも上げた事でより良い結果をもたらしてくれるだろう・・・いざ。

立ち回り下手なせいで苦戦したが前回のボスを撃破。
次は逆側のボスに挑んだが氷属性で動きを封じられたりと苦戦。
予想も回避も可能なハズなのにアホ極まれり。

次は中央ゲートから突入し三匹の中ボスを撃破。
この辺りは早期にパターンを発見出来た事で落ち着いてクリア。

最後は魔王?死神?を連想させるボス。
共闘してくれたNPCが操られ敵になったりとイベント盛りだくさん。

20180613202427_1.jpg

ボスの攻撃を回避しきれず大苦戦の末にクリア。
結局は死んで覚えるデスマラソンになったから反省。

関連記事

Path of Exileその5

2018.06.12.Tue.23:49
Act4序盤から中盤まで(VC有り)ツイッチにて公開中。

delaukeの初心者Path of Exileをwww.twitch.tvから視聴する

敵が強いんです。
前向きに捉えれば歯応えがあって面白いじゃないか!ってね。
しかしだ、今回ほど絶望感を味わった回は無い。

敵の強さを表すものとして名前の色が下記の4種類に分かれている。
集団か個体かで難度変わりますが大体こんな感じッス。
ノーマル(白)、マジック(青)、レア(黄)、ボス(橙or赤)

ノーマルやマジックは大方余裕。
マジックは一部攻撃に気を付ければ問題なし。
レアは体力・攻撃力が高く油断していると殺される。

今回はレア系の敵が強い。倒すのを諦めた敵は初めて。
レベルを上げるor対策を練るかして出直さないと厳しい。
脳筋のツケが。最大の壁が早くも来てしまった・・・

該当のレアを諦め、先に進んだところでボス戦となりましたが、
こちらも一方的に蹂躙される結果となってしまう最悪の事態。

宮川「あかーん!」

20180612224654_1.jpg
関連記事

Path of Exileその4

2018.06.11.Mon.18:22
徹夜でPoEを遊ぶ・・・これぞ愉悦の極み。
日曜の夕方近くまで爆睡していたからね、そりゃ眠くならんよワハハ。

Act3は全体的に敵が強い印象で、終盤は猛攻に押し切られ死亡する事も。
物理防御、属性防御より攻撃スキルを取得してきたツケが回ってきた感じか。
装備品の性能を把握する事で、厳しい状況を想定内に収めていかねば。

20180611012502_1.jpg20180611021724_1.jpg

Act3のボス戦で10回は死んでいる。
第一段階は苦労も無く乗り越えられたが問題は第二段階。
血の雨?みたいな全体攻撃を出されると5秒も持たず死亡。

20180611022354_1.jpg変身前。
20180611022520_1.jpg変身後。

鬼回復で耐えに耐えても回復薬が足りなくなり、
周りの雑魚を倒して補充しようとしても間に合わない。

出直すか迷ったが、恥を捨て去りデスマラソンを決意。(ボスの体力は回復しない)
5回・・・10回と繰り返しようやく倒せた。経験値ペナはもうどうでもよかった。

20180611023145_1.jpg

WIKIやガイドを参考に死亡原因をハッキリさせて対策しないと、
今後も同様の事が起きる。

今日はその調べものから入ろう。
関連記事

Path of Exileその3

2018.06.10.Sun.21:43
Act3序盤をツイッチにて公開中です。(VC無)

delaukeの初心者Path of Exileをwww.twitch.tvから視聴する

不必要なスキルジェムを装備していたので、
スキルジェムの理解を深めより適したジェムに変更。

主力の雷魔法とAoE(Area of Effect)を装備に殲滅力を高め、
NM系の個体には近接を交えていけばなんとかなるだろうと判断。
後は属性防御を高める事を意識すれば間違いない?

試行錯誤が本当に楽しい。

ゲームはAct2でやり残した事を終えてAct3を進めています。
見直しをしたおかげで今の所は苦戦もなくスムースに事が運んでいる。

20180610202012_1.jpg
20180610225036_1.jpg
20180610225714_1.jpg
20180610230005_1.jpg


関連記事

Path of Exileその2

2018.06.10.Sun.01:37
Act2クリアまでをツイッチにて公開中です。(VC無)

delaukeの初心者Path of Exileをwww.twitch.tvから視聴する

Act2の後半に進むにつれ敵の攻撃が強くなってきているのを実感。特に魔法系。
接している敵を倒している最中に集団で撃ち込まれてはひとたまりもない。

敵グループと正面から当れる状況ならほぼ問題ないが、
特定の場所では周囲にREPOPするうえ強めの敵が混じるとHPの減りが速い。

油断していたワケじゃないがAct2終盤で実際に死亡してしまった。
耐性強化の意識を高めなくては。

しかし・・・新鮮だからというのもあるけど本当に面白い。
武器防具のソケット数と色、スキルジェム、パッシブスキルの組み合わせで変化する戦略。
さらに強化要素が加わり奥深いゲーム性を知れば知るほど楽しくなる。
ひょんなことからだけど良いゲームに出会えたもんだ。

20180610001836_1.jpg実際に死んだ場面。

20180610004116_1.jpgAct2ボス戦。

20180610005756_1.jpg広大なスキルツリー。画面に収まりきらない。

20180610005832_1.jpg
関連記事

Path of Exileその1

2018.06.07.Thu.23:25
・Path of Exile Act1
無料に惹かれてインストール。
この時点ではジャンルを把握しておらず待っている間に検索しハクスラ系と知る。

ハクスラ系といえばTorchlightを購入した記憶がある。(プラットフォーム不明)
頭の片隅から掘り起こされた記憶ゆえ少し遊んで自分には合わないと止めたと思われる。
以降、この手のジャンルに手を出した事は無かった。(LOLは含まれるのかな・・・)

ゲーム内言語は基本的に英語。(含めて数ヶ国語
日本語化はされておらず全編英語という英語×な自分にとってハードルは高い。

ゲーム内の用語も含め要所で理解できれば出来なくもないし、
教えて頂いた初心者ガイドと日本語wiki*2をその都度確認すればまぁ・・・
そんな気持ちでOWの息抜き程度のつもりだった。

いざゲームを始め理解しながら進んでいくとその先に面白さに気付く。
本格的にハマると息抜き程度では済まない奥深さが垣間見える。
浅いにわかでさえそう思ってしまうのだからこれは正しい。

初日は4時間。翌日は2時間と気が付けばOWよりも遊んでいた。
遊ぶとなれば最初に立ち上げるのはOWなんですけどね。
ストレスというかキチゲが溜まると言いますかその反動がPoEへの衝動を駆り立てる。

で、ACT1クリア。前置き長くて本編短いとかそんなもんです。
細かな仕様はチンプンカンプンですけどちょっとずつ慣れてきた。
それとこのゲームは配信じゃなくとも録画でツイッチかtubeに残しておきたいな。
20180607224217_1.jpgACt1ボス第一形態。

20180607224310_1.jpg第二形態。

20180607224806_1.jpgACT2への道を開いて満足気のじっサマ。
関連記事

雨天決行in東京

2018.04.26.Thu.20:32
4/25
東京へ出かけようというのに名古屋は強めの風雨。
自宅を出て最寄駅に着く頃には靴の中はもちろんの事、
アウターやワンショルダーバッグも濡れ最っ悪。

西から東へ雨雲が流れて東京も雨なのは分かっていたが名古屋より激しい。
靴やジーンズが乾く間もないならいっそこのまま築地へ。

とりあえずタクシーで築地へ。
休市日(自由営業)、遅めの到着、悪天候といった条件。
雨に濡れたせいか携帯がフリーズしたたま動かず電源も落とせない。

残念ながら写真は撮れていないが、
食したかった卵焼き串、練り物串、海鮮丼を食べてご満悦。
場外を観て回りつつお土産を購入し次は有楽町へ向かう。

有楽町のB'zイベントは13時の当日入場券で入場。
悪天候でも訪れる人は多くライブ会場さながら。
写真は一部の場所でしか撮れないようなので我慢。

機材や展示物などを見て懐かしい思い出に浸る事2時間。
一番最初にCDを購入したのがB'zで、おっさんになっても未だファン。
自分の人生において最初であり最後でもあり続ける。

最後の秋葉原へ到着したのが17時。
コトブキヤ、ゲーマーズ、まんだらけなどを見て回る間に、
不安定だった携帯の再起動に成功してようやく写真が撮れる状態に。

夕飯は麺屋武蔵 巌虎へ。
秋葉原のラーメン屋では長い営業年数?の有名店。
巌虎つけ麺(中)に炙りベーコンを追加。旨過ぎ。
IMG_1125.jpg

少し物足りなかったのでヘンリーズ・バーガーに。
食べる前にトイレに入りましたが席のすぐ側にあるため音が漏れる・聞こえる。
食事しているところに生理現象の音が聞こえるのも聞かせてしまうのもイヤだ。
カップルがその席に座っていたのでものすごく気を遣ってチョロチョロ小出しw
ハンバーガーは美味しく頂きました。
IMG_1127.jpg

時刻は19:30過ぎ。
二日間の日程を一日で終えたので名古屋へ帰ろうか迷ったけど、
秋葉散策が2時間では勿体無いし26日の昼に帰ればいいやってことで一泊。

4/26
気がつけば夕方近くまで散策。
特に何かを購入したわけではないので省略。

新幹線内に設置されている電光掲示板を見ていると、
「~環境を守るのは、ある意味、アルミかもしれない」と広告が流れていた。

ああダジャレ的なやつねと思いながら心の中で復唱。
抑揚を抑えた柔らかい感じだったのに途中からMMRに変わってしまった。

キバヤシ「~環境を守るのは!!ある意味、アルミかもしれない(んだよ)!!」
一同「なんだってー!!!」

まあ疲れた。

関連記事

かんだ食堂in秋葉原

2018.03.25.Sun.01:08
朝7時の新幹線に乗り東京へ。
目的は本日をもって閉店するかんだ食堂への初訪問と、
デスクトップ用のDDR3メモリ8Gを一枚、PS3の中古ソフトといったところ。

・かんだ食堂
2005年から度々秋葉原を訪れているがかんだ食堂は気になりながらも入った事はなかった。
今日を最後に気にすることすら出来なくなるのなら食べておかねば。

9:30到着。
早くも10人ほど並ばれており最後尾の男性に確認をして自分も並ぶ。
既に並んでいた奴らとちょっとしたトラブルもあったが省略。空気ピリっときた。

最終的に100人は並んでいたと思う。
じゃんぱら2号店の角付近で折り返し横断歩道を渡ってUDXまで。

名古屋自宅から徒歩15min、JR中央線20min、
新幹線90min、並び90minを経てようやくかんだ食堂の味に辿り着つける。

IMG_1095.jpgIMG_1097.jpg

注文は予め決めていたウィンナー炒定食。
予想通りの素朴な味だけど御飯を美味しく食べるには十分事足りる。
素晴らしきかなシンプル・イズ・ベスト。

・メモリ探し
うーむ、秋葉原でメモリを購入した事は無くどこから探せば・・・
時間はあるから一軒一軒虱潰していこうってこれが思ったより少なかったのさ。
メモリを取り扱っている店も品揃えも少ない。(見落としの可能性有り)

DDR3 4G*2、8G*2、又はDDR4がほとんど。
DDR3 8G単品はあきばおーの2Fに店頭限りの一枚だけだったかな。

・食事
前日飯抜きを敢行した為、かんだ食堂だけでは到底足りぬと入ったのが日乃屋カレー。
IMG_1098.jpg

口に含んだ瞬間は甘みが広がり、その後に辛さがじんわりとくる。
カレールーはあんかけに近い食感でカレーっぽくないが美味しい。
ベーコン炙りにウィンナー2本、大盛りを完食。ご馳走様でした。

・ゲームソフト
IMG_1102.jpg

画像でネタバレしているがFF13-2を購入。380円也!
LIGHTNING RETURNSやテイルズシリーズもまとめて考えたが、
いざ遊び始めても日が経つとすぐ積むしFPSに逃げるから一本のみ。
ヴェスペリアはいまだ高いのにちょっと驚いた。

・食事2
牛かつ壱弐参の激込みを見て京都勝牛へ初訪問。
カウンター席が空いているのに何故か先客二人がいるテーブル席に案内される。

DUOに突如見知らぬ3人目がやってきたこの状況、互いに気まずい雰囲気なんだけどw
かんだ食堂のような定食屋ならいざしらず普通の店ではちょっとね。先に確認しようよ。

メニューから厚切り牛カツ御膳を注文。
出てきた実物を見て「君なんか写真(メニュー)とちがわない?」ってのが率直な感想。

厚みはあるが丸いカニクリームコロッケを輪切りした感じでギャップが凄い。
それと御飯の盛り方が仏飯に見えなくも無い時点で真顔になる。

これこそ撮っておかないとダメなやつ。

相席の一人が暖かいお茶を頼んだにも関わらず冷たいお茶を入れていく所業。
勿論お怒りになりだしたが、そりゃあな・・・

あー・・・これは面倒くせぇ。
俺が面倒くさいのか店が面倒くさいのか考えるのも面倒。
さっさと食って出る事を決意。

が、突如の相席という魔物によって先客は会話の歯切れが悪くなっており、
当方も申し訳なさから食事が喉を通りにくい様子。まことにすまぬ。

並んででも牛かつ壱弐参か丸五に行くべきだった。

・街
20時。店が閉まり始めたのを尻目に秋葉原から名古屋へ。
一泊しても良かったかなぁ。

IMG_1101.jpgIMG_1099.jpg
関連記事

年越し蕎麦

2017.12.31.Sun.22:30
・主夫?になった気分
海老天蕎麦とトッピングの海老天を購入するためスーパーへ。
大勢のお客さんで賑わう店内を練り歩くのはとても新鮮。
今日が大晦日で明日はいよいよ正月だなぁと実感した。

この買出しの際に妹に正月用の食材調達を依頼されたので、
三ケ日みかん箱買、タラバガニ(ボイル)、ハムセットを一緒に購入。
これ兄貴が食べたいやつでしょ!って突っ込まれたがまさにその通り。

鍋野菜、寿司、酒、餅、色々と足りないモノは多いがそんなに持てんよ~と誤魔化す。
まぁ明日なんとかなるだろう。それまで俺はみかん食っとるわい。

今年もあと少し。
のんびりと過ごして英気を養いたい。

来年はさらなる飛躍の為に欠けているモノを埋めていく努力が必要。
あと健康が一番。何よりも健康である事が一番良い。
体が資本とはよくいったものだ。
関連記事

宇宙出た途端に攻撃してくる海賊船がやたらウザいったらありゃしない

2017.12.06.Wed.17:51
・ずるもてねぶ
20171206151726_1.jpg
ランダムだからこそステキ?な名前が生まれる。
自分が第一発見者であれば惑星名を変えることが可能だから、
この星ともう一つの星を「HAHAHA!」「AHAHA!!」にしておいた。
誰がどうみても人為的に名付けられたと思うに違いない。

・正体不明機
20171206153606_1.jpg
敵じゃないだろうな・・・と不安を感じつつ接近すると外来種?の宇宙船ぽい。
高度な知的生命体の行く先に着いていけば何か見つかるかもしれない。

・ポータル
20171206155610_1.jpg20171206162227_1.jpg
*wiki抜粋
銀河の全ての惑星にはそれぞれ象形文字を使った固有の12桁のアドレスが存在しており、
これを入力することで任意の惑星に転移することができる。

惑星のアドレスを表示してスクリーンショットに保存し、共有すれば、
誰かがいる惑星を訪ねたり、
自分のいる惑星に誰かが訪問してきてくれるかもしれない。


必要な資源を集め起動成功。この惑星のアドレスが表示された。
しかし他の惑星のアドレスを知らぬ存ぜぬ。広大な宇宙ぼっちはまだ続く。

・モノリス
20171206160622_1.jpg
モノリスの問い掛けに正解出来れば知識やアイテムが貰える。
これまで発見したモノリスは知識だったが今回は素晴らしいアイテムが!
活かせるほどの進行・知識は持ち合わせていないがいずれ-

別の惑星で見つけたモノリスの問い掛けが難題。
選択肢2→2→3と出てくるけどどのルートを選んでも結果は一緒。
こんなモノリスもあると考えれば終わるのだが、
なんせ先ほどのモノリスで良い物もらったから諦めがつかない。

・俺かわいいだろ?
20171206162642_1.jpg
かわいいって言え。
関連記事

旅の証

2017.12.03.Sun.20:08
・旅の証
20171203194056_1.jpg

何時誰がここに墜落したのかは分からない。
宇宙における墜落とは孤独の死を迎えるに等しい。
見付けた者にとっては乗り換えるチャンスだが果てして。

初期型に比べれば高性能。
何よりも空きスロットが15→26に増えるのはかなり嬉しい。
嬉しさの余り仕組みを確認せず乗換えを選択したのが間違いだった。

故障しているのだから直さなければ飛び立てない。
チュートリアルと同様に資源を集め部品を生成する必要がある。

し、資源は!? (周辺スキャン)
惑星データに腐りゆく大地と表示されているだけあって何も無い。
近場のステーションまで徒歩で往復出来る距離じゃない。

ロード

俺は反省したよ。
未知なる出来事を前にして思慮深くならねば。
関連記事

惑星を訪ねてン万光年

2017.11.30.Thu.22:06
・青々とした惑星
20171130205325_1.jpg
ワープドライブで移動した星系に地球を思い起こさせる青々とした惑星を発見。
見渡す限りの大海原と点在する大地に夕暮れの景観が美しい。
海中へ潜り込んでみると透き通った海に日差しが差し込み幻想的。

・自分だけの基地
20171130211351_1.jpg
気候も穏やかで静かな惑星とくれば・・・拠点を作ろう!
クラフトした信号ブースターで拠点に出来る建物を検知。
拠点にするだけならタダなので後は資源を集めてクラフトするだけなのだが・・・

外に出て周囲をスキャンしても必要となる資源がほとんど無い。
これでは宇宙船の燃料を維持するだけで精一杯だ。
景観に目を奪われすぎて肝心な事に目を向けていなかった。

拠点クラフトが関連クエストのフラグとなりアイテムを入手出来るらしいのだが、
資源がこれでは時間掛かりすぎるし他の惑星にした方がいいのかもしれない。
経験的に早めにやっておくべきだけど・・・

・動物・・・?
20171130210305_1.jpg
これまで見てきた幾つかの惑星に比べて動物が多い。
地球生物に例えると牛~象あたりの大きさが群れを成している。

う~ん平和だねぇ・・・!?
なにあの大きさ!デカ!デカキモイ!

右のデカイのは漫画か映画で見かけたモンスターぽい。(目が無く口だけのヤツ)
スキャンでは「おとなしい」と出ているがあまり近づきたくないな。

・番外
20171130203120_1.jpg
移動中に逃亡船と出会う。撃墜すれば賞金。ならば選択肢は無い。
しかしダメージを与える事すらままならず撃墜されてゲームオーバー。
あ、撃墜された後は物資回収しにいくのね。面倒なのでロード。

再度の出会という事は強制イベントっぽい。
無視してブーストで振り切ったと思ったら援軍つれて追いかけてきてた。
逃げるように降り立ったのが上記の惑星だったとさ。
大気圏内まで追っかけられていたら間違いなく死んでた。
関連記事

2017年 宇宙の旅

2017.11.28.Tue.17:54
発売前は皆々からの期待を一心に受けていた意欲的なゲームだったが、
いざ発売されると未実装・未完成という言葉が当てはまる最悪のスタート。
先行き不安な宇宙への旅は地球から飛び立つ前に相次ぐ故障を抱えた。

それでも宇宙探索というロマンは人を惹きつけてやまない。

また一人、宇宙への旅を始める者(おっさん)が- (ここで例のテーマ)

プレイし始めてまだ2時間なので不満を感じるほど理解できている部分は少ない。
宇宙船の操作に慣れを要したが全体的な操作は良好で分かりやすい。

個人的な不安要素はクラフト。
その類のゲームをプレイする事もなく材料集めを嫌う傾向があるので、
焦らずのんびりとした気持ちで向き合う姿勢が問われそう。

今後は早期にゲーム理解度を深めること。
自分の記憶だけじゃなく映像記録として残したいこと。

後者はのんびりした配信を兼ねて実現したいところ。
週末までに環境を整えておきたい。

配信はツイッチかtubeが無難なのかねぇ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。