FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UT2k4 Demo&File追加

2006.06.30.Fri.09:00
UT2k4 Demos&File更新

結構溜まってたので大放出。
今後のメインは、
Unreal Tournament 2004 Major League Unreal Season IIになります。
その他も色々とupしていきたいと思います。(CTF,ICTF,ITDM等)

File
ONS-Primeval-3on3-v2.zip
DM-Exalted_a2.zip
DM-terrigen.zip
DM-revelation.zip
CTF-TwinTombs-LiTe.zip
compamut-0.4.zip
Scrmz_ini.rar
rk_sound.rar
SafeGame101Beta7b.zip

CTFdemo
agent-sexyct-tt-cbwar.demo4

TDMdemo
rcou_Ci_DM-Campgrounds2004-G1E_ineyes_Jazzy_5602296.zip

ONSdemo
iR_point_ONS-Primeval-3on3-v2_ineyes_`iRI^prom`_5685029.zip

Desingel Gamezone 1on
astz_daddy_groupstage_sside.zip
astz_skew_lb_sside.zip
astz_tewic_groupstage_sside.zip
scrmz_all_playoff_demos_sside.zip
Desingel Gamezone All Groupstage Demos of Frantic.zip
Desingel Gamezone Groupstage - killu vs ScrMz.zip
Desingel Gamezone Overall Final - ScrMz vs astz.zip
Desingel Gamezone Playoffs - daddy vs astz.zip
Desingel Gamezone Playoffs - skew vs astz - therightfile.zip

UT2k4 Major League Unreal Season II MultiMatch
2006-06-21__oct_vs_n_faculty_1on1.zip

EuroCup XIII - UT2004 1on1 DM demos
Po1son_kiLLu_Ironic2_ineyes_Po1son_5646787.demo4
Po1son_kiLLu_Ironic_ineyes_Po1son_5646787.demo4
Po1son_kiLLu_Rankin_ineyes_Po1son_5646787.demo4

other1ondemo
6-22-2006-(19-08)-DM-de-ironic-fe-tompis-tompis-e9`tewic-.demo4
関連記事
スポンサーサイト

フランスvsスペイン

2006.06.28.Wed.06:38
両チームの出来を観てた限り、(予選)
勢いに乗るスペインの勝利を予想してたけど・・・ハズレ。
しかしこの「ハズレ」を心の奥底で期待してたかもしれない。

全盛期には程遠いジダン、噛み合わない攻撃陣、
苛立ちを露にする守備、個々の能力は高いのに生かしきれない。
フランスはその苦しさにずっと悩まされてきた。

相手のスペインは、F・トーレスを筆頭に時代を担う選手が台頭し、
新たに創られた無敵艦隊となっていた。その勢いは凄まじい。

そんなスペインが相手では、
ここまで辿り着いたフランスもついに終焉を迎えると思ったが、
ジダンの輝きによってかつてのフランスを思い起こさせる結果に。

幾つモノ問題は、それでもまだ解決しないだろうけど、
強いブラジルに触発されて再度輝くかもしれない。
稀代のファンタジスタ同士が戦うブラジルvsフランス戦。
サッカーファンなら絶対に見逃してはいけない。


ユーべのペソットさん、何があったんですか・・・
チームを支えてきた功労者の身に何があったのか。
ファンにとって心に痛ましい出来事です。
関連記事

UT2k4

2006.06.27.Tue.08:36
UT人口を増やす為に少し考えている。
たいした考えじゃないけど、活用出来る所はしておきたいな。

しかし・・・
今週も休み無しの予感がプンプンするぜぇええええええ!

関連記事

オランダvsポルトガル イタリアvsオーストラリア スイスvsウクライナ

2006.06.27.Tue.07:41
オランダvsポルトガル
荒れた試合だったなぁ・・・
ついには乱闘に発展するんじゃないかとヒヤヒヤしたw
審判も考えてゲームを作ろうとしたんだろうけど、
出さざるを得ないチェックも多くて、結果壊してしまってたな。
最終的に得したのはイングランドですかね。

イタリアvsオーストラリア
苦戦するとは思ってたけど、まさかここまでとは・・・
序盤の攻勢を維持できず、後半最初のマテ兄貴退場で流れは逆転。
Euro2000の対オランダ戦を思い出させるような展開。窮地のイタリア。
この状態になるってことは一点奪われたら終わりという展開。

しかし、窮地こそイタリアが輝きだす瞬間。伝統の力。
サイドを抉られ、中央を突破されかけ、シュートを撃たれる。
ラインをPA内まで下げ、中盤の組織も糞も無い。点を奪われるな!
それぞれが集中力を最大限に発揮し、ひたすら守る。
特にカンナヴァロの奮闘は凄まじい。アンタは最高のDF。
ネスタ不在の穴をよく埋めてる。

観てるファンはイタリーを信じている。信じているものの、
守備がいつか破られてしまうのではないかと心配する一方、
カウンター一閃、1-0の形へ持っていきそうな期待感も入り混じる。
ヤルかヤラれるか、崖っぷちの奮闘ぶりに心奪われるぜ。

戦術、組織力は世界屈指と言われるイタリアが、
突き詰まる所、最終的に個の力に頼る戦いをする矛盾。だから美しい。

ううむ、イタリアを語りだすと止まらんな・・・

中央のピルロが機能しない為、
右に位置取りさせたイアキンタを起点にカウンター
相棒のデルピエロはほとんど目立たないが、
前線で変化を付けられるので、後のトッティ交代まで引っ張る。

トッティに交代後、幾度かチャンスを作り出した中、
サイドのグロッソがPA内へ進入。一人、また一人かわし・・・!
微妙な判定だがここでPK。足を避けようとして肘を上げたのか、
故意に上げたのか知らないが、主審は故意と判断したようだ。
あれは流しても良かった気がするけど、流れ的に難しかったか。

兎にも角にも、トッティがしっかり決めて勝利。
遊びのループをして、止められるんじゃないかとハラハラした。

*イタリア代表逸話集
トッティ→ウイイレ大好き。技を試合で試してマルディーニに怒られる
正確には、PKの時ループで打った。 PKは入ったが怒られた。
>キャプ翼の技はさすがに試合ではやらんかったが、
>日向のネオタイガー何とかの練習して骨折までしたらしい。
↑数年前、トッティの蹴ったボールが破裂したとかw

カンナバーロ→ルパン三世とキャプ翼好き。日テレで不二子フィギュアもらって狂喜

デルピエロ→風雲たけし城と新日プロレス好き。来日時、藤波に技かけてもらい
      嬉しそう&帰りの成田で貰ったタイガーマスク装着

フレイ→聖闘士星矢のフィギュアでイッちゃってる表情で遊ぶ
    中田に鳥山明のサインをねだる


インザーギ→幼少の頃にザンボット3の最終回を見て精神的トラウマになる。
      自宅にキャプ翼の単行本があるのをお宅訪問した武田に発見される。
      一番好きなモビルスーツはリックディアス
      弟シモーネ(元イタリア代表)とザクの取り合いで喧嘩。

ネスタ→プレステのやり過ぎで親指を痛め試合を欠場。

ジラルディーノ→パルマからの移籍で深刻に揉めていた昨夏、胸に翼君のプリント
        されたTシャツを着て報道陣の前に登場。

イタリア代表恐るべし。

スイスvsウクライナ
両チーム、ゲームメイクに秀でた10番が不在で、
全体の組織力を駆使して戦っている印象を受けました。
ウクライナを抑え込むスイスは強い。シェバが仕事できないでいる。
バーを叩く場面もあったけど、なかなか決定機を作れないまま膠着。
先のオランダvsポルトガルをクリーンにしたような内容。
延長あたりから厳しいチェックも増えたが、緊張感ある好ゲーム。

スイスDFのMagninだったかな。センシーニに似てる人。
応援席に向かって両手振り上げ「もっと盛り上げろ!」とアピール。
すげぇな・・・俺達が勝つんだという確固たる意思が見えた。
残念ながら、PKの末にスイス敗退。しかし素晴らしいチームだった。
結局、無失点のまま敗退。確かに堅かった。
何気にイタリアもOG1点のみ。同じく堅い。

これだからW杯は面白い。国を背負って戦う戦士達が沢山いる。
関連記事

韓国vsスイス アルヘンvsメキシコ

2006.06.25.Sun.06:45
韓国vsスイス
ずっと観てたわけじゃないけど、相変わらずよく走るな韓国は。
既に1-0でスイス優勢。同点に追いつかれるとかなりマズイ。
しっかり2点目を決めて、突き放したい所と思っていたら・・・
パスカットされたボールがフレイへ。確実に決めて2-0のまま終了。
あれはオフサイドではないし、不運だったとしか言い様が無いな。
韓国は・・・ね、色々とありますよねw
スイス、フランスを望んでいたのでこの結果は満足。

アルゼンチンvsメキシコ
世界一を目指し、ついに始まった決勝トーナメント。
先立って行われてドイツvsスウェーデンはドイツ勝利。意外と強い。

人材豊かな攻撃陣とタフな中盤・守備陣を取り揃え、
攻守に隙の無いチームとなっているアルゼンチン。
予選から圧倒的強さを見せて、優勝の二文字がぐっと近づいてる。

対するはメキシコは、
レベルの高い国内リーグがあり、一人一人の技術は高い。
よく走るし細かくパスを繋ぐ組織力も相当なものがある。

さて観るぞ!と思ったら腹の具合がすこぶる悪い・・・orz
トイレ行っている間にメキシコ先制。
厚みのある攻撃でチャンスを作り出していくなぁ。メキシコ強い。
アルゼンチンも嗅覚鋭いクレスポが同点ゴールを挙げて、一進一退。
緊張感ある膠着が続き、試合は延長戦へ突入。

あと一点。
咽から手が出るほど欲しいその一点を奪ったのはアルゼンチン。
ロドリゲスが値千金のゴールを決めて、そのまま決着。
メキシコは強かった。アルヘンを苦しめた実力は素晴らしいもんだ。

ドイツとアルゼンチンか。
関連記事

イタリアvsチェコ

2006.06.23.Fri.07:59
家で観戦出来る事を楽しみにしていたが、急遽仕事へ行く事態に。
仕方ないとはいえ、携帯ではなくちゃんとTVで観たかったな。
2-0でキッチリと勝利した中、インザーギの活躍は嬉しいばかり。
ゴールへの嗅覚が、全てを出し抜く瞬間はいつ観ても素晴らしい。
そしてネドベド、お疲れ様ですた。ユーべでの勇姿はもう観られない。

日本vsブラジル
どうにもならないなアレは。無理。
戦術や戦略を超えて、個々の本能が反応していく美しさに酔う。
まだ抑えている現段階のブラジルを強いと思わないが、
瞬間的にギアを上げて攻めたてる局面は巧いと唸る。
今の所、対抗馬はアルゼンチンしか見当たらない。

そのアルゼンチンは強い。
オランダ戦、ある1分間に出されたパス回数が28?だったかな。(TV検証)
それまでDFラインも含めてゆっくりパスしていたのに、
22回目あたりから一気にギアを上げてシュートへもっていく。
何より驚いたのは、チーム全員が反応している事。お見事すぎて笑う。
関連記事

UT2k4関連

2006.06.22.Thu.11:40
*Unreal Tournament 2004
Major League Unreal Season II First Division

MLU: Opening Match: faculty vs. OctopuSが行われました。
結果はコチラへどうぞ。

この大会は初めてチェックするのですが、
1on 2on 4on(Official Mappool)と行なわれるので面白そうですね。
極力チェックしてdemoを挙げていきたいと思います。

Division1 Teams
- Pirates of Antwerpen
- k1ck
- Power-Rangers
- aAa
- mousesports.AOpen
- faculty.ut
- Don.ut
- Levitation
- xTp

mousesports.AOpenのgitzzz先生は不参加ですか・・・残念!
ちなみにDivision3まであって、羨ましいくらい参加人数が多いですな。

*weekly UT2k4 Show auf GIGA2
GIGA TVから独立したGIGA2内で、(有料)
UT2k4を扱った番組が放映されるみたいですね。
Clanbase 1on1 CupsやMLU Saisonのライブ放映も有るっぽい。
ただ、OS言語?の制限があり、
GIGA.DEとの共通accを取得する事は出来ても、
本登録まで進めず観れないようです。あ゛ー観たかったなぁ!(泣

*Clanbase EC XIII LAN Finals
気が付いたら予選終わっちょりました。
Playoffsへ進んだのは以下8名です。予選結果はコチラ
roBBe
d3ity
kiLLu
Po1son
winz
ScrMz!
daddy
Frantic
ほとんどのdemoがupされてない事にちと不満。:(

*Gamezone ut2004
しばらく前ですが、BelgiumのAntwerpで行なわれたLANイベント。
予想ではkillu、scrmz、franticになると思っていましたが、
Dignitasの二人が1.2を争う結果になりました。以下順位。
1st: Dignitas\ScrMz_
2nd: Dignitas\astz!
3rd-4th: mouz.AOpen|Daddy, mouz.AOpen|kiLLu
5th-6th occ-outpost.Frantic, k1ck|skew
7th-8th occ-outpost.MaD, -insert-tewic
関連記事

フランスvs韓国(その他

2006.06.19.Mon.06:10
何をやってるんだフランスは。
失った自信を取り戻す所か、予選から何一つ改善されてないまま。
確かに韓国は強い。走り、奪取、ゴールへのイメージを持っている。
しかし、そんなの関係ない。フランスの体たらくに腹が立つ。ムキー!

日本vsクロアチア
もういい。どっちも帰(ry

ブラジルvsオーストラリア
荷物搬入でよく観れなかった・・・
関連記事

イタリアvsアメリカ

2006.06.18.Sun.05:17
イタリアが序盤から押し込まれる展開。
ガーナ戦のように中盤を軸とした組織じゃなくて、
個々の能力で打開しようと動いている感じがした。
それはアメリカのプレスが速く、
前線と中盤ではボールキープする事もままならない。
押し込まれ、全員守備を強いられる。
時折見せるカウンターで一発を狙う。
イタリア伝統の姿が現れてきた。

そして迎えたセットプレーからイタリア先制。
なんだこのマニア好みなイタリアらしさはw
さあ後は追加点を匂わせつつ守りきって勝利と思われたが・・・

アメリカのCKをザッカルドがオウンゴール。ザッカルドお前ー!
直後、デ・ロッシの肘鉄レッド。デ・ロッシお前ー!!
さらにアメリカもレッド出た。なんだこの展開ー!!
荒れてきた。いや、既に荒れすぎているw

後半直後、アメリカもう一発レッド。仕方ないとはいえ厳しい。
笛鳴ればブーイングの嵐。どっちもどっちになってきた泥仕合。
お互いチャンスを決められないまま時間が過ぎる。
デルピエロのシュートは惜しい。決めてればヒーロー。
むしろGKのナイスセーブというべきか。

両チームとも、人があまり走らない分、球はよく走る。
一人多いイタリアが、ゴール前まで運ぶ場面も増えてきた。
アメリカのカウンターを潰し、(こういう時は速い戻り。5人戻ったか?)
あとは決めるだけなのに結局守りきられて引き分け。

チェコが負けただけに、
勝って抜け出したかったイタリアの思惑は崩れた。全ては最終戦へ。
GL敗退するとデ・ロッシの戦犯確定か。トッティに並ぶ愚かさだ。
ザッカルドは運が悪い。
あの場面でのクリア選択に間違いはないが、難しい体勢だった。
軸足に当たり、転がった方向が・・・

イタリアがイタリアらしかったからこそ、
アメリカの強さはそれだけのモノだったと思います。
関連記事

アルゼンチンvsセルビア・モンテネグロ(その他

2006.06.17.Sat.04:51
忙しい時間帯なのでほとんど観れて無い。
事務所にズザーっと滑り込む度に得点追加されてたような・・・
そんな中、かろうじてテベスとメッシのゴールをリプレイで観れた。
テベスは雰囲気変わってますな。以前より野性味溢れてるw
メッシの得点シーンを観て、
日本のFWはあの形がやりたいんだろうなと思った。確かに素晴らすぃ。
そして守備堅いと言われたセルビア・モンテネグロ。蓋を開ければ大敗の連続。
クロアチアが奮闘しているだけに、この破綻ぶりは驚きです。

オランダvsコートジボワール
前半途中、気が付くと2-0に。割と早い時間帯で2得点。
こりゃ3点目が追加される事はあっても、
コートは無得点で終わりそうだと思ってたら逆襲開始。
観てて楽しいし期待感がある展開。オランダ陣内で競り合う局面が増えた。
その攻撃陣を引っ張るドログバの危険臭は凄まじいものがあるな。
結局、同点に追いつけないまま、オランダが逃げ切って終了。

難敵を退けたオランダの勝利を祝いたい所だが、
個人的にはコートジボワールに勝って欲しかった。
アフリカ勢はガーナ、トーゴ、コートジボワールだったか。
かつてのナイジェリアやカメルーンの強さは承知しているものの、
今回の三カ国がこれだけのサッカーをするとは思わなくて驚いた。
もって観てみたいと思わせる躍動感と洗練された組織力。
胸を張っていいと思う。オランダ相手に堂々と戦い抜いた姿に感動。
あとは・・・審判はちょっと神経質過ぎる気がw

さて今日の夜はイタリア。成長著しいアメリカをどう迎え撃つのか。
ガーナ戦のサッカーをやれれば、きっちりと結果を残せるはず。
そしてライバルであるチェコの動向も気になります。ガーナ頑張れw
関連記事

なんかもうW杯に夢中

2006.06.16.Fri.06:48
仕事中、隙をみて観戦。(実際はたいして観れない
家帰ってきて観戦。決T進出をかけたガチンコおもすれー!

イングランドはPA外から低いクロス放り込むか、
楔打ち込んで抜け出る動きに終始してる場面しか覚えてない。
知らないうちに点入ってて、ベッカム→クラウチ。
二点目はジェラードお得意?のミドルを突き刺して終了。

スウェーデンとパラグアイは緊張感ある展開。
最後にイブラのソバットシュートが炸裂するものかと観てました。
(Euro 2004でイタリアを地獄に落としたアクロバティックなシュート)

*UT関連は22日にガッツリ更新したいと思います。
関連記事

暑くなってきましたなー

2006.06.15.Thu.07:49
暑い。蒸し暑い!まだまだ上がるよ!うへぇ。

それはさておき、ここしばらく眠りが深く短い。
眠りが深いのは別に良い。疲れてるって事だろう。しかし短時間。
先週か先々週だったか、月~日で2-3-3-3-4-2-4と睡眠時間。
5-6時間の睡眠を取れるよう、布団入っているんだけど寝付けない。
4時間寝れたらラッキー!と思うくらい酷いなw
とにかく寝れたような寝れてないような気だるさが付き纏う。
5月以降、常に疲れを感じている時間が長くなった。
今週は休み無くなったし、適度に体を休めていかないと。
まあサッカー観る元気あるんで大丈夫っかぁw
というか何よりも最優先事項。イタリア優勝に向けて応援するのみ!

関連記事

ブラジルvsクロアチア(その他

2006.06.14.Wed.06:39
クロアチアは4-3-3か4-3-1-2なのか。
最終ラインと中盤のチェックは、かなり厳しい当たりを見せていた。
パスの受け手と2ndボールにはより厳しいチェック掛けてたと思う。
引いて潰す時もあれば、早めのチェックでラインを上げていくなど、
流れによって切り替えてたような気がする。良く統率された組織力。

そして2ndボールをしっかり拾い、チャンスと見たらサイドから崩すか、
楔のパスを撃ち込んで仕掛けていく速攻はお見事。
ブラジル相手に足元でこれだけの事をやるんだから、
高さを生かした攻撃を加えられたら日本が対応する事は出来ない。
フィジカル面で圧倒的なクロアチア相手にちゃんと競り合えるか疑わしい。
ジーコが「高さに対応出来なかった」云々言ってるし、(ロングボール
オーストラリア戦で露呈した弱点を突いてくるはず。

ただ、この試合ブラジルが全開かと言えばそうでもない。
FW二人の消えっぷりといい、ロナウジーニョもほとんど輝かない。
カカの個人技で一点を取ったものの、全体としてはチグハグな連携。
時折見せるアイデアはブラジルらしいんだけど、いかんせん単発。
終盤若干ペースを上げてきたが、クロアチアもより厳しい当たりで対応。
終わってみればイマイチ消化不良な試合でした。
ブラジルが勝利。内容は堅守速攻を貫いたクロアチアは強かった。

この試合だけ観てると、とても日本が対応出来るとは思えない。
クロアチア戦も暑さに体力奪われる形の中でどう戦うのか。
ペース配分と堅守速攻が出来るクロアチアが断然有利。日本2-8クロ。

韓国vsトーゴ
トーゴ惜しいかな。粘る韓国に逆転を許す。

フランスvsスイス
両軍共に暑さで体力をかなり奪われていた感じ。
チームはそうだけど、ジダンの輝きは無いに等しい。
後半、スイスに決定的に場面を二度ほど与えてたな。
防いだが、負けてもおかしくない内容だった。
若干盛り返していたものの、決定力に欠けた。
同じ勝ち点1だが暗雲立ち込めるフランス。
まさかの韓国1位通過が起こり得る事になるかも。

そいや今回のボールは、より円形で軌道の変化に富むんでしたっけ?
観てるとミドルのキャッチが難しそうですし、凄く伸びる印象。
キャッチしにいってファンブルするより、
両手で包み込むように胸で落とした方が安全か。GK乙。
関連記事

イタリアvsガーナ(その他

2006.06.13.Tue.07:00
ガーナは強かった。
身体能力と攻撃に関する組織力は、何度もイタリアのゴールに迫った。
ただ、見事なカバーリングを魅せるカンナヴァロに、
シュートコースをかなり削られてしまっていた。
切り替えしを考慮しつつ、撃つ直前まで足を出さない冷静さはさすが。
PA内といえども、外へ外へと流れる分にはそう問題ない。
DFの仕事を完璧にこなしているし、ネスタと固める中央は堅い。

ジラルディーノはやや物足りない出来。
トニはよく映ったが、バー以外チャンスはそう無かったと思う。
イアキンタはイエローが勿体無いw
デルピエロは採点不可。仕事する前にイアキンタが決めた。

ピルロのミドルといい、ドイツのフリングス、チェコのロシツキ等、
素晴らしいミドルシュートが幾つかありますな。

結局、ガーナ痛恨のミスを突いたイタリアが追加点を奪って終了。
イタリアPA内のアレはダイブ。両足揃えてるじゃねーか。カード出せ。
スキャンダルのイメージを払拭出来なかったし、
逆に悪役としてイタリアを広めた形になった。
あのブーイングは主審半分、イタリア半分といった所ですか。

チェコは後半だけ観れた。既に2-0でした。
4vs4になった時、サイドに一人張り、中央で二人がクロスオーバー、
走り込んで裏へ抜け出た2列目にロビングパス。惚れる展開。
シュートとはいかなかったが、チェコは強いと認識させられる。
ロシツキの3点目も冷静にGKとコース見てるなと思った。

ただ、アメリカとガーナの出来は悪くない。
最後まで点を取りにいく姿勢だったし、ラインを上げて挑んでた。
力でねじ伏せたチェコと、してやったりのイタリア。
両チームのガチンコ対決は死闘になりそうです。
ここで2位だと、決勝トーナメント初戦でブラジルだからなぁ。
ブラジル1位と考えると、2位は絶対に避けたい所。

日本vsオーストラリアは大体観れました。
川口のファインセーブもあり、リードで終えれただけ前半はマシ。
後半になると俊輔消えて、FWの二人も何やってんだか分からない。
DFラインが引き気味で、MFと連動したチェックが出来なくなり、
コースも限定していないので、3連続ゴール前まで攻めこまれる時もあった。
交代した小野が全くと言っていいほど仕事しないから、
誰が誰をマークするのかその受け渡しで混乱。
修正出来てない所に次々とロングを放り込まれてしまうし、
タイミングは悪くないものの届かなかった川口のミスで失点。
セーブが当たっていただけに、あえて待つのも良かった気はする。

2点目を奪っていたらと思うと惜しい。しかし高原と柳沢は何なの?
2点、3点目のチャンスをモノにしたオーストラリアの勝利。
ある意味期待を裏切らない日本。結局やっぱりなとしか言えない。

関連記事

UT2k4 Euro 1on Ranking

2006.06.12.Mon.07:32
個人的に考えるUT2K4 Euro 1on Ranking

1.killu
2.ScrMz!
3.zeta
4.daddy
5.frantic
6.Zed
7.robbe
8.winz
9.Falcon
10.astz
11.skew
12.ricot
13.deity
14.tewic

とりあえず14位まで書き出しました。
細かい話になると私にはわかりませんが、
上に行くほど反省点の少ない&技術が洗練されていると思います。
関連記事

物騒

2006.06.12.Mon.06:59
何かと物騒な世の中です。

事件は先週の木曜日に起こりました。
なんと小学生連れ去り未遂が発生したのです。

その子はよく店前でお迎えを待っているそうなのですが、(親御さん)
ウチに来る途中で初老の男性に声をかけられたようです。
家まで送る云々と言われ、腕を掴まれた所で防犯ブザーを鳴らす。
(犯人はこの時点で逃走したっぽい)
少し離れていたウチにも微かに聞こえてたらしいが、
まさか防犯ブザーと気が付かず何の音?と思っていたようです。
(防犯ブザーの音を知らない)

店に駐車した親子が音に気付き、泣いている子を保護。
そのまま店に駆け込み、ウチらも事件を知る事になった。
その子から連絡先を聞いて電話するも親御さんは不在。
とりあえず住所を聞いて家まで送る。着いた時に親御さんも帰宅。
事情をお話して警察と学校へ連絡してもらった。

という事件。
音に気がついていればもう少し早く助ける事が出来たかもと反省。
男はすぐに立ち去ったようで、助けた人も男の姿を確認出来なかった。
後日聞いた所、少し離れた地域でも連れ去り未遂が起きたとの事。

しかし、子供を狙う犯罪者が絶えませんな。
子供達にとって遊び難い世の中になったもんだ。

-同日、さらに事件が!

横断歩道を渡ろうとしたおじいさんと、(店前の交差点)
危うく轢きそうになった会社員との喧嘩が勃発。
どうやら急に飛び出したのはおじいさんのようだ。
会社員は物凄い剣幕で怒るのも無理ないが、
対するおじいさんもなんだこの野郎!と応戦。
始めは店前でやり合ってたのですが、
あまりの剣幕に身の危険を感じたおじいさんが店内へ。
店内でも怒り狂い、買い物しながら怒っている会社員。
警察へ連絡しようとした所、出勤途中のようでそのまま去っていった。
急に飛び出して死にたいのか!って言われてもしゃーないと思う。

という事件でした。
関連記事

第八回アンリアルTV

2006.06.08.Thu.13:56
今回は、以前書いた「世にも奇妙な物語inUT」の完全版をお届けします。
ネタは色々と悩んだんですが、(提案して頂いたmooさんsry>企画見送り)
世にも奇妙な物語inUTの完全版に決定しました。
音入れて編集するのなら、悪ノリでとことんやってしまおうと。
これはこれで疲れたorz

1.世にも奇妙な物語inUT(完全版)

>kiyoたん
ネタにしてすみませんw
関連記事

MUSASHI GUN道 賢者の舞

2006.06.08.Thu.08:25
gyaoで放映中のMUSASHI GUN道なるアニメを観た。(とりあえず第4話)
こんなにイライラしたのはドラゴンボールの煙モクモクシーン以来だ。(永い)

子供の頃なら分からなかったと思うし喜んでたかもしれない。
しかし、大人になった今、無理なものは無理だと判断する力が備わっている。

これは無理。っていうか笑ったwwwww

MUSASHI GUN道 賢者の舞
関連記事

1on

2006.06.07.Wed.10:19
adaさん

Ironic 14-20
Lea 2-6
Roughinery 12-10

近接=死
どうにも捌けなくて涙出てくる(TT
さて寝よう。眠たい。

zed_vs_skew
最後、予期せぬ終わり方で笑った。
skewは不本意だろうけど仕方ない。負けは負け。
関連記事

1on

2006.06.06.Tue.07:59
hichanさん

rankin 10-19
ironic 6-12

勝負所を逃さない詰めの差が出てた。
攻守のバランスを保ちすぎて、仕掛けるタイミングを逃していた感じ。
結果、50sまで半支配される事になり、仕掛け難い状況が続いたな。


そいや木曜日はUTTVの日ですね・・・
まだネタ考えてない。結局何をしようかなっと!
当日忙しいので、なーんにも出来なかったら突撃で誤魔化すっ!
関連記事

ScrMz! x eSubaH&nn!bal

2006.06.05.Mon.07:38
どんどん試合消化が行われているCB UT2k4 1on1

ScrMz! x eSubaH&nn!balの一戦は、
珍しくもScrMz!がキレ落ちするという結果に。
4-10点目決められたHSで事切れてGG落ち。

eSubaH&nn!balのAimが良いので、(特にSR)
接近に活路を見出そうとしたScrMz!だが、ほぼ撃墜される結果に。
相当熱くなっているのが分かるほど前掛かりでした。
こないだ行われたLANを観ても、以前より攻め立てる場面が多かったな。
らしくない違和感。
関連記事

ワンセグ

2006.06.04.Sun.07:12
Vodafone 905SHに機種変更。
1年3ヶ月慣れ親しんだ702NKに別れを告げる。
とにかく色々出来たので面白かった。

Vodafone 905SH
やっぱりワンセグですよ。これでW杯が観られるぞ。店で。
その時間帯は必ず店にいて、家では観られないので色々考えてた。
その中で、家のスカパーアンテナを店舗に取り付けるのは、
オーナーどころか本部に雷食らいそうなんでさすがに無理ぽ。
手軽にその場でってんならやっぱりワンセグ、と。

早速試してみた所、
画質・電波共に実用に耐えうる出来で良しとする。
レンズの位置に少し不満あるだけでその他機能も良し。
1GのminiSDなら十分な時間の録画もできるしW杯が楽しみだ。
関連記事

世にも奇妙な物語inUT

2006.06.03.Sat.07:55
貴方は、信じられない事が起きた時、どんな反応をするだろうか?
自分の想像の及ばない所から、ヒタヒタと忍び寄ってくる魔の手。
気が付いた時、貴方は黄泉の世界へと旅立っている事だろう。
そこに神の救いは存在しない。(アンビリーバボー風)

今日紹介するのは、
名古屋市 OO区 rankin二丁目で起こった事件である。
被害者はDさんなのだが、容疑者はKだろうと言われている。
Kだろう、というのは彼にはアリバイがあったからだ。

彼はその日、
100ゲッツと喜んで歩いている所を付近住民に目撃されている。
その時、被害者のDさんはコーポrankinの3階踊り場にいた。
地上と3階を結ぶ道は無い。しかし現場に二人がいたのは確実だ。
どうやってKはDさんを亡き者にしたのだろうか。疑惑は深まる。

非常にぁゃιぃ事件だ。

UT警察の捜査が進む中、我々取材班は驚くべきテープを入手した!
偶然にも、近くの公園でデジカメ撮影していた人が居たのだ!
我々はテープを入手した際、インタビューを試みた。

Aさん(仮名)
「ええ、驚きました・・・まさかあんな事が起きるなんて。
どうやらDさんは、階下のKさんに嫌がらせをしていたようでした」

-具体的には?

「はい、上からコンボを放って、危害を加えていたんです。
そしたら、偶然にも・・・」

-分かりました。Aさん、有難うございました。

事件を解決する証拠がここにある・・・
それでは、問題の映像をご覧頂こう・・・

Dの食た・・悲劇(簡易版)

-なんとも笑える事件だwwwwwwww

*解説
delが3階からコンボを狙い、100s通路に出てきたkiyoにHIT。
足元で起爆されたコンボが、kiyoを吹き飛ばす。3階へw

HIT音を確認したdelは、miniを拾いつつ50sへ向かう。
まさか3階まで来ているとは知らずに・・・

放たれたFC一発目は、僅かにdel視界右上に映っていたが、
miniを拾おうとしていたので全く気がついていない。
だが、何か音が近い?と感じて少し振りかえっている。
この時点でkiyoは真後ろで見えてない。直後、2発目のFCが直撃しdel死亡。

何で死んだのか全く分からなかったw
あんなの想定出来ないよ!

次回の休みにでも、
音声・その他視点を加えた完全版を作る予定です。
関連記事

第八回アンリアルTV延期のお知らせ

2006.06.01.Thu.08:52
予告に追記してある通り延期します。

一日伸びて6/8(木)に収録予定。
予定内容も、未だ改善できぬ未熟さゆえ(1on)、変更を検討しています。
語るに落ちたりとならない様がんばりますw

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。