FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惑星を訪ねてン万光年

2017.11.30.Thu.22:06
・青々とした惑星
20171130205325_1.jpg
ワープドライブで移動した星系に地球を思い起こさせる青々とした惑星を発見。
見渡す限りの大海原と点在する大地に夕暮れの景観が美しい。
海中へ潜り込んでみると透き通った海に日差しが差し込み幻想的。

・自分だけの基地
20171130211351_1.jpg
気候も穏やかで静かな惑星とくれば・・・拠点を作ろう!
クラフトした信号ブースターで拠点に出来る建物を検知。
拠点にするだけならタダなので後は資源を集めてクラフトするだけなのだが・・・

外に出て周囲をスキャンしても必要となる資源がほとんど無い。
これでは宇宙船の燃料を維持するだけで精一杯だ。
景観に目を奪われすぎて肝心な事に目を向けていなかった。

拠点クラフトが関連クエストのフラグとなりアイテムを入手出来るらしいのだが、
資源がこれでは時間掛かりすぎるし他の惑星にした方がいいのかもしれない。
経験的に早めにやっておくべきだけど・・・

・動物・・・?
20171130210305_1.jpg
これまで見てきた幾つかの惑星に比べて動物が多い。
地球生物に例えると牛~象あたりの大きさが群れを成している。

う~ん平和だねぇ・・・!?
なにあの大きさ!デカ!デカキモイ!

右のデカイのは漫画か映画で見かけたモンスターぽい。(目が無く口だけのヤツ)
スキャンでは「おとなしい」と出ているがあまり近づきたくないな。

・番外
20171130203120_1.jpg
移動中に逃亡船と出会う。撃墜すれば賞金。ならば選択肢は無い。
しかしダメージを与える事すらままならず撃墜されてゲームオーバー。
あ、撃墜された後は物資回収しにいくのね。面倒なのでロード。

再度の出会という事は強制イベントっぽい。
無視してブーストで振り切ったと思ったら援軍つれて追いかけてきてた。
逃げるように降り立ったのが上記の惑星だったとさ。
大気圏内まで追っかけられていたら間違いなく死んでた。
関連記事
スポンサーサイト

2017年 宇宙の旅

2017.11.28.Tue.17:54
発売前は皆々からの期待を一心に受けていた意欲的なゲームだったが、
いざ発売されると未実装・未完成という言葉が当てはまる最悪のスタート。
先行き不安な宇宙への旅は地球から飛び立つ前に相次ぐ故障を抱えた。

それでも宇宙探索というロマンは人を惹きつけてやまない。

また一人、宇宙への旅を始める者(おっさん)が- (ここで例のテーマ)

プレイし始めてまだ2時間なので不満を感じるほど理解できている部分は少ない。
宇宙船の操作に慣れを要したが全体的な操作は良好で分かりやすい。

個人的な不安要素はクラフト。
その類のゲームをプレイする事もなく材料集めを嫌う傾向があるので、
焦らずのんびりとした気持ちで向き合う姿勢が問われそう。

今後は早期にゲーム理解度を深めること。
自分の記憶だけじゃなく映像記録として残したいこと。

後者はのんびりした配信を兼ねて実現したいところ。
週末までに環境を整えておきたい。

配信はツイッチかtubeが無難なのかねぇ。
関連記事

DTNイベントinエディオン豊田

2017.11.07.Tue.20:54
*個人的な感想をありのまま書いていきます(やや疑問系)
都合、途中退席しているので未確認・事実誤認があるかもしれません。


人気ストリーマーイベントを知人と二人でちょこっと観戦してきました!

場所は愛知県豊田市三軒町8丁目55にあるエディオン豊田本店で、
名鉄豊田駅から徒歩20分の郊外にあり景観の良い街並みの中にありました。

IMG_0684.jpg

店内2Fのイベントスペースは既に沢山の人だかり。
チームオーナーの江尻さんが来てくれた方々を迎え入れる形で最後尾に。
その先へ目を向けると人の隙間からチラリと人気ストリーマーが見えました。

興奮覚めやらぬ様子で窺いながら整理券配布待ちで人だかりの最後尾に。
イベントスペースに隣接している階段や反対側も人で埋まりつつありました。

「オーバーウォッチをプレーした事ないけど対戦で勝って景品もらっていきます」
ファン同士の会話も聞こえ、やる気ありますなーみたいな和やかな雰囲気。

*ここからイベント運営・進行に関する疑問になります

1.整理券
整理券配布の時間が過ぎてから進行アナウンスがされましたが、
マイク音量が低くかったのか後列に位置する自分達は断片的に何か聞こる程度。

人多すぎ問題で進行の都合上参加者限られる?
周囲のファン同士が情報を整理・確認しあい、
整理券配布ではなく抽選方式(ジャンケン)で7名?になるみたいですね、と。
少なくとも最後尾に近い自分含めた数人がそうでした。

店内ゆえ環境音が必然的に混じり聞こえ難い環境だから、
スタッフさんが口頭で伝えまわる事も必要かもと感じました。

逆に「すみません、よく聞こえません」とこちらからハッキリ伝えるなきゃいけない。
後は掲示ポスターに何かしら貼る、スタンドを立てる方法もあったり。

致し方ないが正直この流れは参った。
行動原理の一つが崩れてしまっては楽しさ半減。

2.観戦
この後ジャンケンで選ばれた人達とスタヌ&シャカさんが対戦開始。
(この人だかりで)み、見えない・・・

正面からは選手はもとよりモニター映像もほぼ見えない見れない状況。
選手側を雛壇にしたうえで階段壁にモニタ一台貼り付けてあればなぁ・・・

それだけ大盛況なのですが隣接の階段や2F手すりから覗く形は危険といえば危険ですし、
2Fの奥まったところに休憩スペースと子供向けの遊具カードゲームが設置されおり、
遊戯機の隙間から覗くと真正面の上から見下ろせるので何人かのファンが。

自分も覗いてみてすぐ気付いた事はここで覗くのは邪魔だということ。子供が遊べない。
近づいてきた店員が注意を促すのかなと思えばイベントの様子をチラ見したのでまぁね。

IMG_0691.jpg

ちな休憩スペースにある自販機でアイス購入してウキウキで開けてたら折れたわ。

(スタヌ口調で)
・・・は?
・・・・はぁ?↑
フザケンナ!
キチゲもりもり溜まった。

下に戻った際、小学校高学年くらいの親子連れがいて見えない様子。
対戦希望の話が聞こえてきたけど現時点ではもう打ち切ってる。

せめて見えるように肩車してあげようかと思ったけど、
子供のでけーし万が一の事が起きたらと考え声掛けなかった。正解が分からん。
子供を肩車したファンの優しさとか一見美談に見えても裏返せばってところ。

ただオーナーの江尻氏はファンへの気遣い・感謝を常に持ち合わせ、
至らぬ点があった時は必ずフォローされる方だと思いますので
全体に向けた何かしらのフォローがあったのではないかと推測して〆ます。

後は店内奥に位置するゲーミングデバイスコーナーへ。
ゲーミングチェアの値段にビビり、軽量マウスのスカスカ具合に腰砕けしたり。
でも郊外の家電店と考えたらその品揃えの豊富さは素晴らしいの一言っす。
関係ないけど町全体の雰囲気が凄く良かったな。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。