FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京グルメ紀行

2018.07.01.Sun.01:22
有給込みの四連休を利用して東京へ。
目的地は築地場外市場、そして秋葉原。
目的は飯を食いにいくその一点。
流れとしては名古屋→築地市場→秋葉原といった感じです。

・夜行バス
夜行バスに乗るのは2年振りかな。
普段なら新幹線を選択するけど時間もある事だしゆっくり行きたいと考えて夜行バス。
二年前の夜行バスで辛い思いをした事を・・・乗るまで思い出せない阿呆。

名古屋駅発の夜行バスに乗り、さあゆっくり睡眠を取って東京に備えよう。
その為に3列独立席にしたのだから・・・そんな気持ちで目を閉じた。

閉じた目を開けるどころか覚醒状態にされるほど隣のおっさんのイビキがうるさい。
我慢して目を閉じるんだけど環境音全てが気になりだす始末。
発端のイビキに悪気があるわけでもなし、指摘すること自体が喧嘩売ってるじゃない。

結局、一睡も出来ないまま東京駅へ。
6時間半も俺は一体何してた。疲労溜めただけじゃない。
乗るんじゃなかった夜行バスと悔いる気持ちを嘲笑う往路予約はまた最後のお話・・・

・築地場外市場
ビルが立ち並ぶ東京だからこそ雑多感のある市場が映える。
視界に映る全てが新鮮な海産物。ヨダレでちゃうじゃない。

IMG_1150.jpgIMG_1151.jpg

観光客(多くは外国人)で賑わう路地を、自分も一緒になって見て回る。
生ネタを見ればOOが食べたい、何か見る度に連想させられる食の理想郷。

さあ食べるとしたら当然寿司だが朝から寿司屋というのも・・・
ここはおとなしく海鮮丼にしておこう!! ババーン!!
大トロ、中トロ、赤味の海鮮丼。(2400円)
IMG_1157.jpg

刺身醤油を垂らし、まずは赤身を一口・・・
赤身でありながらトロけるような食感、生臭さを感じさせない凝縮された旨味、
刺身醤油とのハーモニーが織り成す食の奇跡はまさに。
今日の俺はミスター味っ子だ!!(古い

さらなる満足感を追い求め、次に寄ったのはこちらのお店。
TVで見た玉子焼きが美味しそうで是非とも食べてみたかった。
IMG_1153.jpgIMG_1154.jpg

・・・いや、旨過ぎんだろコレ。
甘味のある玉子焼きを一口入れた瞬間に広がる玉子感。(???
あの人もこの人も皆々が美味しそうに食べている。
人を笑顔にするバフ効果を持つ玉子焼き。

写真撮ってないけどテリー伊藤の実家「丸武」の玉子焼きも食べました。
甲乙付けがたい美味しさは、食べる当人が美味しいと感じればALLOKなのだと、
比べるものではないと、思わせてくれます。

この後はブラブラと練り歩きこんなのも発見。そりゃあってもおかしかない。
Sさんへの土産候補になったモノ。グラム売りどころか一樽いっとく?
って多すぎるのでさすがに止めた。
IMG_1156.jpg

この後、秋葉原へ。メトロ築地駅へ向かう途中にある築地本願寺。
IMG_1159.jpg

・秋葉原
駅を降りて一目散に駆け向かうは龍の眼。(昼の部)
しかし並びを見て踵を返し突撃したるはすた丼。
看板のからあげ鬼盛りを見て即時決断。迷いが無い。
IMG_1162.jpg

腹ごしらえをした後は、もう一つの目的でもあるSさんへの土産探し。
イースを始めとしたファルコムのファンでもあるSさんの為に、
イースシリーズの設定資料?を探して買い付けるのである。

「どこで販売されているのか分からないが秋葉原の何処かにあるっしょ」
「ツイッターのTLで見かけた事が発端なんだからあるっしょ!!」
KING OF THE TEKITOUのうろ覚えさ。

キャラグッズ、ゲームコーナー辺りにあるんじゃないかと探すも・・・
あった!! イースのロゴ(っぽい!)と思ってよく見たらFate/なんちゃらでさ。
目に付くところは回ったと思うんだけど目的の本は見当たらない。

もしかすると難儀なんじゃね?と薄々気付き始めた時、もう一つ気付く。
公式扱いではなく同人扱いなのではと。流出ものっぽい記憶あるし。
という事でまんだらけへ。

実は同人誌を見るのはたぶん初めて。
薄い本と呼ばれたり同人活動自体は知っているつもり。(げんしけん学習)

コーナーへ入った瞬間、圧倒されたね。そして絶望したね。
背表紙のない膨大な薄い本の中から目的本を探し出す行為は、
25mプールにバラバラの時計を入れて水流で勝手に完成する確率という、
馬鹿げた例え話がまかり通っちゃうくらい難しいと自分の中では思えた。

いやいやいや。
あ行か行...、キャラ名、サークル名など実に簡単そうではありませんか。
慣れてる知ってる詳しい人ならそうだが・・・

テキトーに手に取った同人誌が「孤独のグルメ」で草。
すげぇ興味をそそる本だ。土産にしたいくらい考えた。

まぁ困惑と何かに目覚めそうな感覚を持ちつつ探したけど無い。
まんだらけのフロアを女性向け以外はほぼ全て探したハズ。

具体的ではないけど店員さんにも聞いたさ。
「何かイースの本ってありませんか」ってね。
差し出されたのはイース7攻略本だったさ。それ買ったさ・・・(土産)

結局、他も探したけど分からなかった。
何故俺はこんなにも・・・ピキピキ。
自分の中で理不尽な怒りがSさんに向けられて草。

仕方ないと気持ちを切り替え龍の眼へ(夜の部
IMG_1163.jpg

開店30分前に到着してこの並び。
座席数を考えると第一陣では入れないがそれでも並ぶ。
なんせ皆々の期待度が高い新店。食べないまま帰れないでしょう。

角煮そば+チャーシューと味付玉子をトッピング。
IMG_1164.jpgIMG_1165.jpg

見た目からして優雅な佇まい。
よくある名店の匂いというか、共通するデザインというべきか。

麺は細めだけどコシがありツルっと入る。スープも旨い。
高いレベルでバランスの取れたラーメンみたいな。

チャーシューは歯応えがあり、噛み締めるほど旨味が出てくる。
角煮はトロっと柔らかな食感でチャーシューとは対照的。
どちらも単品で御飯食べたくなる旨さ。

ご馳走様でしたと店を出てみれば、行列はさらに伸びて50人前後。
美味しかったという満足顔を恥ずかしげも無く行列に晒しながら秋葉原の夜へ。
IMG_1167.jpgIMG_1168.jpgIMG_1166.jpg

実はこの間にふとゲーセンへ寄る。
ローストビーフ大野辺りにあるとこ。セガ系列ではないと思う。
セガGTみたいなレースゲーを遊んだが、時折の処理落ちで萎える。
テーブル筐体のゲームも30FPSを下回ってるようなガクガクさ。

設定を弄れず改善できないもどかしさ。
ゲーセンは完璧でなければ。

〆です。〆。
お前食ってばかりやないか!!甘んじて受けよう。その通りだ。
翌日ほとんど食べずに済んだ。
IMG_1169.jpg
IMG_1170.jpg

・夜行バス(往路
帰りは夜行バスでも寝付けず。
足回りの整備が気になるくらい跳ねる。
繋ぎ目の凸凹で跳ねるにしても跳ねすぎでビビり入るくらいw

もう絶対に夜行バスは乗らない。
あの環境で寝る事が自分にとって絶対無理なのだと悟った。
前々日の仕事も合わせると3徹状態で名古屋着だかんね。
寝られる人が羨ましいよ。

さて次の東京グルメは8月か9月末を予定。
食べる為のダイエット期間が必要なの。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。