FC2ブログ

オブリその2

2010.06.10.Thu.07:13
Brumaの街に着いた早々、隠された金品を巡る男女の争いに巻き込まれる。

かつて泥棒家業の仲間だったが、とある事件を切っ掛けに対立。

女は男が隠した金の在り処を聞き出したい。
男は罠に嵌めた女に死を持って復讐したい。

用件を聞こうか・・・・・・

かつての信頼関係は無く、どちらの言い分も信用するに足らないが、
こちらとしては報酬を頂ける点でまぁ楽そうな女側を選んでおく。

金の在り処を聞き出すべく、
牢屋にブチこまれている男に接触するため犯罪人となり牢屋へ入る。
何も知らない男は、ある女を始末してくれたら金をやろうと持ちかけてくる。
始末した証拠を持ってきてくれれば金の在り処を教えてやると。

しかし、この展開を見越した上で女は依頼してきている。

早速、男との話を女に報告すると、
私が大事に身に付けているブレスレットを持っていくといいわ。
これをもって女を始末したと言えば信じ込むはず。そして金の在り処を聞き出すのよ!

そして牢屋の男にブレスレットを見せて金の在り処を聞き出す。
金の在り処を女に報告。早く取りに行ってこいといわれ隠し場所へ。

そこに居た奴とは!

男との会話を盗み聞きしていた牢屋番が出現。
欲にくらんだ第三者の出現で事態は思わぬ方向へ。

牢屋番が言うには、
既に女は始末した。男は牢屋だ。後は分かるな?
お前を殺せば金は俺のものよヒャッハー!

くっ、ズバ!

ごろごろん。

はい?
なんだコイツは口ほどにも無い・・・
まさか一撃で死ぬとはw

金を取得した後、女の家に行ってみると確かに死んでいる。
男は結果的に目的を達成。俺は金を取得している。
神が下した天誅は女に降り掛かったって事か。
女の言い分に嘘があった可能性も否定しきれない。

有罪。

俺は・・・依頼人の嘘を許さない。
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する