FC2ブログ

D-man杯

2011.02.05.Sat.04:49
2-4-2011-(20-24)-Rankin-delauke.jpg2-4-2011-(21-41)-Ironic-delauke.jpg

vs_D-man
Rankin 6-5
Ironic 9-8

どちらか動画予定。

Rankinは100sと試験管で持ち堪えた。
序盤はダメージを喰らいながらも良い感じにリードしていたが、
100s争いに負けて離脱しようとした際の一瞬をLGで撃ち落される。
あの一撃が精神的な影響を及ぼしたのは間違いない。

そっから立て続けにフラグを奪われ3-5のまま後半戦突入。
後ろドッジの回数が凄まじい事に。一つのミスが命取り。
危機的な状況もあったが、運の良さも絡んで回避。
もう何分しかないじゃなく、まだ何分あると考えるようにしてチャンスを待つ。

ギリギリの所で逆転して辛くも逃げ切り。
与ダメ、被ダメだけみると負けてるようにしか見えない。スカスカやんw

Ironicも同様に序盤→中盤→終盤と流れが変化していく。
劣勢のまま残り5分前後で5点差。気持ちを一度整理して可能性を考える。
チャンス一回、一分あれば4点差を埋める事は可能だから、
今はしっかり耐えてフラグを取られないようにする事が最優先と。

スコアが詰まっていくにつれて危なっかしい場面も減り、
50s管理を徹底したおかげでオーバータイムを押し切る事が出来た。


ここしばらくの1onを振り返ってみてふと思った。
格上、同格に苦戦するのは当然なんだが、誰相手でも苦戦してしまうワケを。
どんなにアイテム管理なり装備増強していても、
読みも糞も無く微力な戦闘力だけで打ち勝とうとして返り討ちに遭っとる。
勝とうが負けようが幾らなんでもダメージ貰いすぎ。ちゃんと考えて戦おう。

今日の夜は0:00過ぎに帰宅予定。
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する