FC2ブログ

Dragon Age: Origins その2

2011.02.09.Wed.17:27
高い水準で保たれているのはさすがというべきか・・・。

説明書などを見てこれは難しそうだと感じたシステムも、
チュートリアル的な流れを終えた頃にはある程度把握出来るようになっている。
(キャンプ地→荒野)

物語も序盤から静と動の演出が交互にきてダラける暇は無い。
予兆があったとはいえ悪夢のような敵の大群は想像以上。
規模は小さいが、かの映画のシーンと同じで興奮と恐怖が入り混じる。

結局の所、題材や内容は在り来たりの何番煎じも良い所。
映画でもゲームでも腐るほど?見てきた中世ファンタジー。

しかし、クオリティの高いものは何時何度見ても素晴らしい。
ドラゴンエイジを素晴らしいと思うのはまさにクオリティの高さ。

在り来たりで終わらないよう、緻密に作られた世界観で納得させてくれる。

一見するとゴリ押し単調に思えた戦闘も、
事前の戦略とPT操作など戦術を駆使すれば奥深い戦いが出来る。

物語の内容からして一本道なのは間違いないと思うんだが、
会話で変化・戦闘の多様さを持たせてある程度の自由度を確保。

洋ゲーだから全てが自由なんてのは幻想なのだとよく分かる。
あくまで自由度が高いか低いか、さらにどこが自由度を生み出しているのか。
物語との関連性は?などといったバランス上で語られるのが好ましい。

このレベルでロールプレイ出来るゲームはなかなか無い。

っと遊ばなきゃいかん。
荒野の探検を終え、洗礼の儀式で覚醒。敵の大群を迎え撃つ所。
この戦争はどうみても無理ゲーくさい。
王が敗戦フラグを立てまくってるようなw

とりあえずご飯食べてから進めていこう。
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する