FC2ブログ

Dragon Age: Origins その5

2011.02.12.Sat.06:05
ウェアウルフの巣穴へ突入。

当然ウェアウルフが待ち構えていたのだが、
彼らを支配する森の女王と出会い話し合いをする事になった。

どうしてこうなったのか、隠された真実を語りだす女王。
話を聞く限り、問題の発端はエルフの族長ザスりアンにある。

ウェアウルフを殺すのかエルフを殺すのかの二択を迫られる。
元を正せば族長ザスリアンが悪いのではないかと結論。
関係の無い犠牲が出るかもしれないが、とりあえずザスリアンを倒す。

ウェアウルフの呪いは解け、彼らは人間に戻った。
何か協力してくんないかナーと期待したけど即時撤退しおったw

エルフの村では真実を隠しつつ事の顛末を伝えた所、
来るダーク・スポーンとの決戦の時は駆けつけるとの約束を得た。
嘘も方便すな。

幾つか受けていたクエストを消化してブレシアンの森を後にする。

所変わって北へ移動していたロゲイン公のシーン。
ロゲイン公に不信を募らせる部下達がおり内乱を避けられない事態に発展。
あえて内乱を引き起こさせ、国力を弱らせておくのが目的なのではと疑ってしまう。
そこにダーク・スポーンが突撃したら・・・

それと、俺達が生きている事を伝えられたロゲイン公は暗殺者を送り込んできた。
街道で待ち伏せし、囮を使って誘い出す姑息なヤツらだ。

有無を言わさず倒すと・・・俺も仲間にしてくれよ!な展開。
おいおい、さっきまで俺達を殺そうとしてたのになんだよこの流れw

しかしなぁ、仲間が増えても使う機会が少なかろう。既に6人PTだし。
という事でお断り。殺す事も出来たが、二度と顔を見せるなと放して終わり。

次はレッドクリフ城だな。
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する