FC2ブログ

Dragon Age: Origins その11(クリア・ネタバレ)

2011.02.27.Sun.07:55
所要時間は49時間。

画像は後日掲載。
女王を救出し脱出を試みるが、
ハウ殺害の容疑でロゲインの部下が警備網を敷いていた。

捕らえられドラゴン砦に投獄される。
選択した仲間を操作して主人公を救出。

ここはロマンス相手のモリガンとアリスターに決定。
あえて「合わない」二人に救出を委ねるのも面白い。

ドラゴン砦を脱出後、アノーラ女王と話をして今後の計画を立てる。
まずはロゲインの暴走を止めてフェレルデンを纏め上げなければならない。

各勢力に対して誠実な対応と根回しをしてきたのでそれは大丈夫。
問題なのは誰を王にするか。誰というかどちらを、か。

亡き王ケイランの弟で正当な王位継承者のアリスターか、
ケイランの妻である女王アノーラのどちらかを王にしなければならない。

アリスターは嫌がっている。やりたくないからこっち側にいるんだ的な。
アノーラは統治者として資質はある。アリスターに任せてられないと主張。

解決策は幾つかあったが、ここはアリスターとアノーラの婚約を提案。
当然ながら拒絶反応を示す二人。しかしこれほどウマい筋書きは無い。

アリスターは王として君臨。
アノーラは統治者として国を動かす。

説得した後はいよいよロゲイン公と対峙。
こちらの主張を巧みな演説で台無しにしようとする。
しかし、多くの勢力がグレイ・ウォーデンを支持。

情勢の悪さを覆そうと、ロゲインは一騎打ちを申し出る賭けに出てきた。
勝った方が言う事を聞く。うむ、わかりやすい。

拍子抜けするほど難なく勝利。
ロゲインの処遇をどうするかで論争。(有能だからと仲間にする事も可能)

家族を殺したヤツを生かしておく必要は無いと噛み付いてくるアリスター。
選択よってアリスターが去る可能性もある。

ここは例の儀式で決めるのはどうだと提案。
アーチ・デーモン血を飲み、生き残ったら仲間として迎えよう。
死んだらそれまでだ。罪を償い死んだものとすればいい。

予想通りロゲイン死亡。(選択によってアリスター処刑でロゲインJoinも)
まだあまり乗り気でないアリスターが正式な王となった瞬間。

最終決戦前夜、モリガンとゴニョゴニョが行われる。
ここでの選択肢は悩んだ。明らかに大きな分岐点だから取り戻す事は出来ない。

決戦日、アーチ・デーモンが直々にデネリムに来襲。
各勢力を従えてデネリムへと進軍。

・・・書くの面倒になってきたな。後はご自分でお確かめ下さい!

いやぁ面白かった。
FF13と同じく一本道だが、芯の通った一本道なのが本作。
物語に自分を意思を肉付けしていく事はまさにRPGの基本。

オブリとは違いああいった自由度は無い。むしろ国産的。
ただし、分岐点や結末の豊富さ、戦闘システムなどが自由さを持ち合わせている。

ドラゴンエイジは洋ゲー=自由度が高いという認識をバッサリ切ってくれるので良い。
自由度が低いのでマイナス評価ですとか○○じゃないかと思ってしまう。

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する