FC2ブログ

インセプション

2016.04.29.Fri.13:56
・インセプション
相方の一人が実は・・・だったらその辺の映画と変わらないのですが、
監督がクリストファー・ノーランなので思わぬ展開からの伏線回収で楽しめます。
畳み掛けてくる終盤の同時進行から、観客にお任せするラストの絵まで文句無し。

・ダークナイトライジング
一人ひとりの個性がある中、警察官役のジョゼフ・ゴードン=レヴィットが良い。
インセプションにも相棒役で出演されていた俳優さんですね。

とある女性とベインの関係は読めるわけがなく、
ここにきて敵側のどんでん返しですか!?と絶望した瞬間・・・
直後の呆気ない流れからの一言は銃社会に対する皮肉らしいですね。
ラストも素晴らしい。どこで脱出したのか気になるところですが。(ビル爆発?)

去年からちょこちょこ映画を観ているわけですが、
もっと映画を観たくなる作品ばかりで充実感極まれり。
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する