FC2ブログ

エウロパ!(バレ有)

2016.05.28.Sat.11:35
エウロパ!エ・ウ・ロ・パ!~~~~~っエウロパァ!
なんのこっちゃない、つい先ほど見たSF映画のお話です。

ドキュメンタリー(モキュメンタリー)形式で進行する宇宙探査モノ。
ほぼ現代ともいえる時代設定。近未来とまではいかないと思う。
宇宙や衛星そのものの映像は少なく、宇宙船に備えてある定点カメラとPOVがメイン。

通信システムの故障に始まり、
厳しい環境下で起こる不都合の連続に対応する描写と、
時系列に沿ったクルーのインタビュー、地球の科学者インタビューが時折入る。

ただし定点カメラの映像などは放射線の影響で乱れたりするのと、
船外を覗ける窓も小さくあるので起きた事の全貌を知る事が出来ない。
船員の状況把握と視聴側の状況把握が全く同じである。

他作品の様に俯瞰視点があれば観ている分には理解しやすくなるのだけど、
あえて取っ払っていそうな作品であることが意見の分かれそうなところ。

事故によりクルー達が亡くなっていく一方、知的好奇心で命を落とすクルーも。
ありきたりな事故だけど宇宙に放り出される絶望感→待ち受ける絶対的な死は怖い。
地球上で起こる死と概念は同じだけど、誰も体験出来ないだろう未知なる死ですから。

さて、残り数分間で未知なる存在がグっと近づいてくるわけですが、
最後の最後で普通の映画になってしまったと思わせる演出にはこれまた賛否か。
後で落ち着いて考えてみるとこれもまた・・・

宇宙パニックものハリウッド映画であれば序盤の掴みに該当。
救出に向かう第二調査隊がエウロパで見たものとは!に続くわけですよ。
SFホラーならイベント・ホライゾンみたくちょっと変わる。

まま、そんな話は置いときますか。

未知なる宇宙の探査という点で面白い作品でした。ディスカバリーchですよ!
現代科学視点に基づいたからこそロマンを感じる方には良いかもしれません。
最後のアレもある意味では予想を超えたロマンそのものですから。
インターステラーよりもゼロ・グラヴィティに近い作品です。
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する