FC2ブログ

アイ・アム・レジェンド

2008.05.18.Sun.14:02
アイ・アム・レジェンドの愚痴
最初、あらすじを「少し」だけ見た時は面白そうだと思ったけれど、
後にミュータントの存在を知った時点で(勝手な)期待通りの映画じゃなさそうだなと・・・
勝手にキャスト・アウェイに近しい内容を想像してただけですけどねw

鹿を追って、廃墟で遭遇する感染者とのシーンや、罠に嵌って犬が死ぬまでは面白い。
が、女性&子供が出てきたあたりから展開が早くなり、最後の自爆シーンでどうでもよくなる。
もう少し、感染者の社会性・知性の有無、軍管理下における生存者の存在、
蓋を開ければNY内だけで一人、ライオンや鹿は感染しないのか?、
救出された際の女性&子供がなぜDSを退けられたか?、(あの数を)
細かな部分で突っ込みどころが多くて、それらを補足してくれる解説かシーンが欲しかった。
(この辺は、別ED版ではちょっと描かれ方が違うらしい)

そして、望みを繋ぐ終わり方等は世に沢山ありますが、あえて自爆する必要性が分からなかった。
幾らなんでも強引過ぎる気がして・・・
と思ったら別ED版があるそうで、DVDレンタルには収録されてない。(BDにはある)
調べれば、幾らかマシ程度のもの。
受け取り方は十人十色だと思うけど、調べた限りじゃ個人的にどっちもどっち。

むしろ原作が読みたくなったというか・・・
原作では、ミュータントから見て主人公が「伝説の殺人鬼」だそう。
「俺達うまくやってんのに、寝込み襲ってくる化け物だぜ」という感じ。
映画より知性を持っていて、終わり方も皮肉であるようだ。

勝手に想像して期待外れしたのもあるけど、それはこっちの責任。
ただ、映画も映画で出来が良くなかったのはあるなぁ。
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する