FC2ブログ

Fallout3その12

2009.01.06.Tue.07:49
公文書館の続き。

死んだシドニーをロードしてまで連れて行くのも面倒だ。
スティムパックに余裕はないし、連れてってもすぐ死なせてしまう。
という事で再開。

リフトを降りるとシャアの人がアナウンス演説中。
敵がやってきた!我らの何かを護らなければならない!立て!国民よ!みたいな。
前後に扉があったので、まず後ろ入ると進むとSM勢。スニーククリティカルで瞬殺。
こっち側には何もイベント無さそうなのでロボットへ向かう。

古めかしいデザインのロボットがお出迎え。
プラズマレーザー大活躍。トロけるアイスみたいに液状化させてしまう。
内部を進んでいくに従ってシャアのアナウンスも変わってきた。
ある扉に辿り着いた時、「ついに敵がここまでやってきたぞ!」とアナウンス。
この扉を開けるとどんな奴が待ち構えているのか?

開けて・・・ご対メーン!名前有りのロボットだ!
ここは何かしらイベント発生の可能性が!?と一瞬考えたが、
視界に映った自動タレットを見て即座に攻撃。倒すには倒したが・・・!?
よく見ると立派なオフィスルームだ。そこに居た名前有りロボット。

・・・

アナウンスの正体はコイツなのか?
公文書を守る為に使わされたのか?
自分のカルマや選択次第で何かしら話が出来たのかもしれないな・・・

こんな想像をかき立てられる世界観に拍手。おもろい。

奥の部屋で公文書発見。これでクエスト達成だ。
ってもう一つドアがあったので入ってみる。ロボットが保管されていた場所のようだ。
幾つかの保管扉が開いている。それが道中で倒してきたロボなのか。
まだ保存されているロボットのすぐ横にはセキュテリィPCがある。
弄ってみると一体だけ起動出来た。保管扉が開く。ゴゴゴゴゴゴゴ。

敵なのか・・・味方なのか・・・身構える。

出てきたロボからラジオが流れだす。GNRのスリードッグだw
ロボットの頭にはカツラがついている。
ちと拍子抜けしたが、何か切ないというかそんな場面。
停止させようとPCを操作したら爆発してバラバラに。

そ、そんなつもりじゃなかったんだよぉぉぉぉ!
まさか爆発してしまうなんて。何だか申し訳ない気分。
・・・ま、公文書回収したし脱出するか。そしてクエスト達成。

ここまでのプレイ時間は約27時間。若干放置してた時間もあったけどw
my地図に載る発見場所が160?あるらしいんだがまだ15くらい。
しかもピッキングとかハッキングにスキル振ってないから、
今まで行った場所の中にも開けてない扉が数多く存在する。

発見出来ればさらに世界観を楽しめるであろう細かな部分も見落としてる。
どんだけ作り込まれているんだと。
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する